サイバー攻撃の分業化が進む中、特定のサイトやサービスに登録していたアカウントが漏洩し、悪意のある攻撃者がそのアカウント情報を活用して攻撃を行うケースがあります。またシステムが攻撃者に乗っ取られたことに気が付かず、サイバー攻撃に加担していることもあります。

本サービスは企業や特定組織などのアカウント情報、サーバのハッキング情報、攻撃情報などをクローラーや特定の情報収集サイトやダークウェブ上の掲示板、売買サイトなどに共有または掲載されていないかセキュリティ専門家により調査し、ご報告しその後の対応を助言いたします。

サービス提供の背景

社会的評判の失墜

御社のサーバやユーザーが登録した特定のサービスから漏洩したアカウント情報をハッカー間で売買されたり公開されたりします。ハッカーはその情報を基に標的組織への不正アクセスに活用したり、ソーシャルエンジニアリングとして標的組織のユーザーになりすまして更に攻撃に必要な情報を搾取します。

サイバー攻撃への加担

御社のサーバが攻撃者に乗っ取られることでサーバが攻撃インフラとして利用され攻撃に加担してします場合がございます。また漏洩した御社の情報を利用して関連企業や取引先に対してなりすますことでサイバー攻撃を行う可能性もあります。

サービスプラン

お客様のドメインをキーワードに情報漏洩しているメールアドレス、パスワード情報、そのドメインに関連システム情報が漏洩していないか調査します。

サービス内容金額(年額)
アカウント情報漏洩40万円〜
ドメインに関連するシステム情報漏洩60万円〜
  • 定期的に漏洩状況を調査します。(四半期毎、毎月など設定可能)
  • 従業員数に応じて金額が変動します。